水分コントロールでサラサラストレート

梅雨前、そろそろ髪がうねうね&チリチリしてくる頃ではないでしょうか?

ストレートパーマ(縮毛矯正)は薬剤の力が
美容室で使用される薬剤の中でも一二を争うくらいの薬剤です!

しかし、癖の気になる方にとってどうしても当てずにいられないもの
でもあると思います!
という事で、髪のダメージには最新の注意を払うべきです⭐️

毎回言っているとうり、普段の生活で髪に蓋をしたシリコンは
薬剤の浸透に邪魔になり、放置時間が延びがちになります!

当店では、施述前は、シリコン除去のシャンプーを使う事で
薬剤反応を効率よくし、放置時間を最低限に抑えます!

次に1剤⭐️
一剤を流す際は、中間処理としっかりとした水洗によって
反応しきれていない薬剤反応の促進と
要らないものをしっかりと流す事が大事になります!

その後、髪を乾かすのですが、この時の水分量がとても大事になります!
髪の水分量は、ある一定の量に成ると中の結合が固定され始めます!

適切な水分量の状態の場合、通常180度でするアイロン処理を
140度ぐらいまで下げてアイロンをする事ができます!

髪は濡れている状態では、130度を超えると
中のタンパク質が固まり始めてガシガシになります!

その後二剤で固定し、後処理でアルカリ除去をして終了⭐️

などなど
ちょっとした事で全然変わってきます!

毎回のストレートパーマのダメージにお困りの方
是非、お任せください!